製品情報

JES-X3シリーズ ESR装置


JES-X3

JES-X3シリーズは、低雑音Gunn発振器を改良し従来より高感度化を実現した電子スピン共鳴装置です。 電子状態を間接・直接的に評価、さまざまな応用分野にて研究・開発・検査・評価のサポートを行います。


30%アップの高感度化を実現!*1

試料中の極微量の不対電子が素材の機能を大きく左右することが明らかになりつつある現在、ESR計測は更なる高感度化を求められています。
JEOL RESONANCEは、低雑音ガン発振器を改良し従来比30%アップの高感度化を実現しました。


JES-X3

*1 当社従来品JES-FAシリーズと比較

よりスムーズな測定のために、データの取得および解析の新機能を追加

多彩なパラメーター設定が可能な連続測定モードを拡充。
測定条件検討はもちろん、温度可変装置等のアタッチメントを併用し、様々な測定を実現します。
また、操作性を向上させるためフットスイッチによる測定開始を可能にしました。


主な新機能

・Windows® 7上で動作する使いやすいユーザーインターフェイス
・フットスイッチによるハンドフリー操作
・連続測定のパラメーターをフレキシブルに設定可能
・二次元波形の各種演算
・二次元データ表示機能の充実
・データファイルの一括数値処理


主な特長

弊社の装置は、いち早く高感度・低雑音のガン発振器を採用してきましたが、更なる感度向上を目指して改良を重ねた結果、雑音レベルの一層の低減に成功し測定感度を30%アップすることができました(当社従来品FAシリーズとの比較)。

・光照射により生じるラジカルをin situ 測定するため、 キャビティに照射効率の高い照射窓を設置
・安定性の高いオートチューニング
・設置および取り外しが容易なアタッチメント


使いやすいWindows®7 ユーザーインターフェイス3D 表示も自在に 研究目的により選択できる3種類のマグネット

外形寸法および質量

外形寸法 = 幅× 奥行き× 高さ
X310 X320 X330

分光計

寸法(mm) 300×602×602
質量(kg) 35

電磁石(SHF テーブルを含む)

寸法(mm) 1,400×710×1,105 1,400×803×1,190 1,600×990×1,190
質量(kg) 520 1,060 2,300

励磁電源

寸法(mm) 電磁石筐体込み 683×613×895 703×803×1,114
質量(kg) - 300 500

設置例

設置例

温度可変装置(DVT5)

手軽に測定温度を変更できる液体窒素温度可変装置は、最も良くご利用いただいているアタッチメントの一つです。
新モデルDVT5では、加熱用ヒーターに改良を加えることにより、温度コントロールの高速化と 温度安定性の向上を実現しました。
極めて速やかに設定温度に到達します。
また、室温付近の温度安定性も良好です。万一何らかの原因で冷却水や液体窒素の供給が停止した場合には、警告メッセージを表示し自動停止する安全設計を施しました。



「JES-X3シリーズ」カタログ(A4 8ページ/3.33 MB)