導入事例

導入事例一覧

東京大学 大学院理学系研究科 有機合成研究室(小林研究室)

東京大学の小林修教授は環境調和型の化学「グリーンケミストリー」の第一人者。20年以上、化学物質を合成する際に発生する廃棄物や、消費するエネルギーや資源、人体や環境への影響を…

続きを読む

東京大学 大学院理学系研究科 有機合成研究室(小林研究室)

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 中核機能部門 強磁場ステーション

国立研究開発法人 物質・材料研究機構(以下NIMS)は国内屈指の物質・材料の研究機関として、国内の材料工学や有機化学を牽引してきました。清水氏が率いる強磁場ステーションは…

続きを読む

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 中核機能部門 強磁場ステーション

DIC株式会社 総合研究所 分析センター総研分室

1908年に印刷インキの製造と販売で創業したDIC株式会社(以下、DIC)。印刷インクで世界トップシェアを保ち市場をリードし続けると同時に…

続きを読む

DIC株式会社 総合研究所  分析センター総研分室

筑波大学 数理物質系 丸本研究室

筑波大学 数理物質系の丸本一弘准教授は有機半導体を用いた有機電子デバイスの開発や特性評価・物性研究の第一人者。研究の過程で、有機電子デバイス使用時に性能が低下する原因を特定する手法を開発。…

続きを読む

株式会社東レリサーチセンター(滋賀)

株式会社東レリサーチセンター(滋賀)

研究開発のパートナーとして、最先端のモノづくりを強力にサポート 東レリサーチセンターは企業、大学などからの依頼を受け、分析・物性評価、調査を行う受託分析企業です…

続きを読む

株式会社東レリサーチセンター(滋賀)

東京農工大学 工学部 生命工学科 朝倉研究室

東京農工大学は、シルク研究のメッカとして140年の歴史があります。 朝倉研究室は、そのような背景の下、工学部製糸学科でNMRとシルクをテーマとして研究をスタートし、今年で34年になります。

続きを読む

東京農工大学 工学部 生命工学科 朝倉研究室

和光純薬工業株式会社 試薬研究所(東京)

和光純薬工業株式会社は、大正11年(1922年)6月 武田長兵衞商店(現・武田薬品工業株式会社)の化学薬品部門を分離し、 武田化学薬品株式会社として発足。 昭和22年(1947年)社名を和光純薬工業株式会社(以下 和光…

続きを読む

和光純薬工業株式会社 試薬研究所(東京)

国立医薬品食品衛生研究所

国立医薬品食品衛生研究所(National Institute of Health Sciences)は、明治7年(1874年)に医薬品試験機関…

続きを読む

国立医薬品食品衛生研究所

名古屋大学 物質科学国際研究センター 化学測定機器室

化学測定機器室は平成16年4月に名古屋大学 化学測定機器センターが組織替され、名古屋大学 物質科学国際研究センターの一部門として発足しました。 日本の若手有機化学者を支える!…

続きを読む

名古屋大学 物質科学国際研究センター 化学測定機器室

東北大学 巨大分子解析研究センター

巨大分子解析研究センターは、創設から34年間大型分析機器を用いた各種物性データの測定・構造解析を行い、物質科学に関する研究と教育の発展に貢献してきました。 真理探究を支える縁の下の力持ち!…

続きを読む

東北大学 巨大分子解析研究センター

九州大学 先導物質化学研究所

九州大学先導物質化学研究所は、機能物質科学研究所(附置研究所)と有機化学基礎研究センター(学内共同教育研究施設)とを融合・再編成し、平成15年4月1日に発足されました。 学術研究の基盤強化と新たな…

続きを読む

九州大学 先導物質化学研究所